メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

安倍首相

「無条件」で拉致打開模索を表明 会談実現見えず

 安倍晋三首相は北朝鮮の金正恩(キムジョンウン)朝鮮労働党委員長との日朝首脳会談について、前提条件なしに実現を模索する考えを表明した。これまでは北朝鮮による日本人拉致問題の進展などを前提としていたが、手詰まり状況が続くため方針を転換した。北朝鮮との対話を進める米国と歩調を合わせ、拉致問題を進展させたい考えだ。ただし北朝鮮の出方は分からず、実現するかは不透明だ。【立野将弘、杉直樹】(2面に焦点)

 首相は6日夜、トランプ米大統領と約40分間電話で協議し、こうした考えを伝えた。協議後、首相公邸前で記者団に「私自身が金正恩委員長と条件を付けずに向き合わなければならない考えだ」と述べた。

この記事は有料記事です。

残り728文字(全文1020文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「赤福」が暴力団代紋入り焼酎を製造 浜田会長が辞任 2000年から12年まで納品

  2. 東京マラソン 約7億円の参加料はなぜ返せないのか 新型肺炎で一般参加中止

  3. 「中国・武漢で亜硫酸ガスが大量発生 1万4000人の遺体を焼却」という情報は本当か

  4. 未明、児相が女児を門前払い 窓口職員「警察に相談を」 神戸

  5. 検事長定年延長、揺れる法務・検察 「どう考えてもおかしいが、触れてはいけない雰囲気だ」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです