メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

安倍首相

「無条件」で拉致打開模索を表明 会談実現見えず

 安倍晋三首相は北朝鮮の金正恩(キムジョンウン)朝鮮労働党委員長との日朝首脳会談について、前提条件なしに実現を模索する考えを表明した。これまでは北朝鮮による日本人拉致問題の進展などを前提としていたが、手詰まり状況が続くため方針を転換した。北朝鮮との対話を進める米国と歩調を合わせ、拉致問題を進展させたい考えだ。ただし北朝鮮の出方は分からず、実現するかは不透明だ。【立野将弘、杉直樹】(2面に焦点)

 首相は6日夜、トランプ米大統領と約40分間電話で協議し、こうした考えを伝えた。協議後、首相公邸前で…

この記事は有料記事です。

残り772文字(全文1020文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 死刑確定になった控訴取り下げ その「なぜ」 山田死刑囚が記者に答えた 寝屋川中1殺害
  2. 熱中症対策 「男性も日傘を」環境相呼びかけ
  3. 突然の幕切れに関係者困惑 「真相解明の道閉ざされた」 寝屋川中1殺害
  4. ことば 寝屋川中1男女殺害事件
  5. 元徴用工訴訟 日本じらされ「法的措置」 政府間協議要請 外交問題化、誤算

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです