メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

米国

対中関税引き上げ表明 「10日に25%」 譲歩迫る狙いか

 【ワシントン中井正裕、北京・赤間清広】米通商代表部(USTR)のライトハイザー代表は6日、年間輸入総額2000億ドル(約22兆円)規模の中国製品に対する追加関税率を10日に現在の10%から25%に引き上げると表明した。一方、中国商務省は7日、経済担当の劉鶴副首相が9、10の両日、通商協議出席のため米国を訪れると発表した。協議を前に対中制裁強化を打ち出すことで、中国側の譲歩を引き出す狙いとみられる。(3面にクローズアップ)

 ロイター通信によると、関税率引き上げは米東部時間10日午前0時1分(日本時間10日午後1時1分)に…

この記事は有料記事です。

残り475文字(全文738文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ORICON NEWS 声優の朴ロ美&山路和弘が結婚発表「共に支え合って人生という路を歩んでいきます」

  2. ORICON NEWS LiSA、鈴木達央との結婚発表「私たちなりに、これからの人生を想い」

  3. オジー・オズボーンさんパーキンソン病告白 メタルの帝王「困難な状況だ」

  4. 女子高生死亡事故で男性に無罪 自転車「予見」に疑い 徳島地裁

  5. 議員あぜん「なぜこの資料あるのに示さなかったのか」 「桜」野党ヒアリング2回目詳報

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです