メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

米国

対中関税引き上げ表明 「10日に25%」 譲歩迫る狙いか

 【ワシントン中井正裕、北京・赤間清広】米通商代表部(USTR)のライトハイザー代表は6日、年間輸入総額2000億ドル(約22兆円)規模の中国製品に対する追加関税率を10日に現在の10%から25%に引き上げると表明した。一方、中国商務省は7日、経済担当の劉鶴副首相が9、10の両日、通商協議出席のため米国を訪れると発表した。協議を前に対中制裁強化を打ち出すことで、中国側の譲歩を引き出す狙いとみられる。(3面にクローズアップ)

 ロイター通信によると、関税率引き上げは米東部時間10日午前0時1分(日本時間10日午後1時1分)に…

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 死刑確定になった控訴取り下げ その「なぜ」 山田死刑囚が記者に答えた 寝屋川中1殺害
  2. ことば 寝屋川中1男女殺害事件
  3. 突然の幕切れに関係者困惑 「真相解明の道閉ざされた」 寝屋川中1殺害
  4. 元徴用工訴訟 日本じらされ「法的措置」 政府間協議要請 外交問題化、誤算
  5. 「もうどうでもいいと思った」山田被告語る 控訴取り下げで死刑確定 寝屋川中1殺害

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです