メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

質問なるほドリ

東京五輪のテロ対策は? 約5万人が警備、会場分散で難しく=回答・金森崇之

東京五輪・パラリンピックを控え、訓練を行う警視庁の特殊部隊「SAT」の隊員=東京都江東区で、堀智行撮影

 なるほドリ スリランカで連続テロが起きて、多くの人が犠牲(ぎせい)になってしまったね。2020年は東京五輪・パラリンピックがあるけど、五輪もテロリストに狙われる可能性はないの?

 記者 悲惨(ひさん)な事件が起きたこともあります。1972年のミュンヘン五輪では、パレスチナ系武装組織が選手村に侵入し、イスラエル選手ら11人を殺害。96年アトランタ五輪の開会中も公園で爆弾が爆発し1人が亡くなりました。

この記事は有料記事です。

残り495文字(全文695文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「中村先生の命を守れなかった。ごめんなさい」 成田に在日アフガン人ら集まる

  2. 「悔しくて仕方ない」「一緒に仕事、人生の宝」中村哲さん銃撃死 今も慕う人びと

  3. 中村哲医師殺害 政府、襲撃情報を把握 中村医師も警戒 アフガン

  4. 「憲法9条なくては日本でない」 「豊かさの考え変えないと」 中村哲さんの言葉

  5. 「アフガニスタンは、真の英雄を失った」 カブールなどで中村哲さん追悼集会

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです