メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

菅官房長官

米で外交デビュー ポスト安倍、存在感

菅長官を巡る首相や党重鎮らの立場

 菅義偉官房長官は9~12日に米国を訪問し、北朝鮮による日本人拉致問題などを巡ってペンス副大統領らと会談する。危機管理を担う官房長官の外国出張は異例だ。霞が関ににらみを利かせ、政権を支える菅氏の実務能力は定評がある。4月1日の新元号発表で「令和おじさん」として知名度も急上昇している。自民党内では次期総裁選の有力候補に推す声も強まっており、菅氏の事実上の外交デビューに注目が集まっている。【高橋克哉】

 「拉致問題は安倍内閣の最重要課題であり、拉致問題の解決に向けた日米両国の連携を強化したい」。菅氏は…

この記事は有料記事です。

残り671文字(全文921文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. セクシーの意味は「魅力的」と政府答弁書 直近5年で閣僚発言なし 小泉氏発言

  2. 「声をかける暇もなかった」遺体発見 なぜ…悔やむ生存者 福島・本宮

  3. 路上生活者の避難拒否 自治体の意識の差が浮き彫りに 専門家「究極の差別だ」

  4. ラグビーW杯観戦後、酔って警備員の顔殴った容疑 電通新聞局長を逮捕 容疑を否認

  5. 即位の儀の恩赦60万人規模に 対象限定「復権」のみ実施

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです