メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

号外大崎事件、再審認めず 最高裁が初の取り消し
ミャンマー

ロイター2記者、恩赦で釈放 欧米配慮か

 【バンコク西脇真一】ミャンマーの少数派イスラム教徒「ロヒンギャ」の迫害問題を取材中に極秘資料を入手したとして国家機密法違反で有罪となり、服役していたロイター通信のミャンマー人記者2人が7日、大統領恩赦により釈放された。ロイター通信が同日、伝えた。報道の自由の侵害として欧米などから非難が強まる中、これ以上の対外関係悪化を恐れたミャンマー政府が配慮した可能性がある。

 釈放されたのはワロン記者(33)とチョーソウウー記者(29)。2人は西部ラカイン州で2017年9月…

この記事は有料記事です。

残り314文字(全文547文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 新潟県警 寝坊し高速で175キロ 女性警官を書類送検
  2. ノロウイルスで0歳男児が死亡 岐阜・各務原
  3. WEB CARTOP 高速道路で走っているパトカーを追い越してはいけないのか?
  4. 三原じゅん子議員「愚か者の所業」って…「謙虚さ忘れた圧政者」と批判
  5. WEB CARTOP 制限速度135km/hオーバーで逮捕の会社員! 果たして罰則はどうなる?

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです