メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

きょうのセカンドオピニオン

加齢黄斑変性、視力回復は=答える人・飯田知弘教授(東京女子医大・眼科)

 Q 加齢黄斑変性、視力回復は

 昨年、右目が加齢黄斑変性の初期と診断されました。視力回復の可能性や、読書する際の注意点などについて教えてください。(山形県、男性、88歳)

 A 早期の治療で進行抑制

 目の網膜の中央には「黄斑」という、ものを見るために必要な細胞が集中している場所があります。この黄斑が傷つくと、視覚にいろんな異常が生じます。

 加齢黄斑変性は、年齢とともに黄斑に異常を来す目の病気です。ものがゆがむ、真ん中が暗く見えるといった症状が表れます。50歳以上の人がなりやすく、70歳以上になると急に増えます。片目に発症することが多く、両目で見ると健康な方の目が視力を補うため、症状が進むまでなかなか自覚できません。

この記事は有料記事です。

残り522文字(全文832文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ORICON NEWS 今年の“新語”大賞は「ぴえん」 新型コロナ関連のワードも続々トップ10入り

  2. GoToトラベル利用のバス旅行で10人がコロナ感染 福岡

  3. 呼吸困難や倦怠感…実は深刻なコロナ後遺症 病院で相手にされず 医師「国は対策を」

  4. 時機を失した政府のGoTo対応 北海道から訴える

  5. 経路不明急増、保健所パンク…「日本モデル」もう限界 「政府も危機感共有を」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです