メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

なるほドリ

温暖化対策、訴訟で変える 裁判の特徴は/世界ではどのくらい起きているの=回答・千葉紀和

気候変動訴訟が起きている国・地域

 <くらしナビ・環境>

 気候変動で被害を受ける恐れがあるとして、温室効果ガスを排出している企業や政府を相手にした訴訟が国内外で相次いでいます。人々が司法の力で国策を変えようとする「気候変動訴訟」。その現場を訪ね、背景を探りました。

裁判の特徴は 気候変動による危険性が争点

 なるほドリ 日本ではどんな訴訟が起きているの?

 記者 2件あります。まず仙台市の住民124人が2017年9月、関西電力などが出資する市内の石炭火力発電所(11万キロワット)の運転差し止めを求めて提訴しました。神戸市でも住民ら40人が石炭火力発電所2基(計130万キロワット)の増設と稼働の中止を求めて昨年9月、神戸製鋼所と関電などを民事で提訴。同年11月には「計画にお墨付きを与えた」として国に対する行政訴訟も起こしました。

この記事は有料記事です。

残り1536文字(全文1884文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 東京オリンピック中止を申し入れ 共産都議団「コロナ対策に集中を」

  2. 国民民主、独自の編成替え動議提出 現役世代への10万円給付要求 野党協調にも配慮

  3. 愛知で新たに215人の感染確認 豊橋市内の飲食店でクラスターか

  4. 政府、中国のウイグル弾圧を「ジェノサイドとは認めず」 米国務省認定と相違

  5. #自助といわれても 気づいたら全財産103円 42歳女性が「見えない貧困」に落ちるまで

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです