メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

なるほドリ・エコ

温暖化対策、訴訟で変える 裁判の特徴は/世界ではどのくらい起きているの=回答・千葉紀和

気候変動訴訟が起きている国・地域

 <くらしナビ・環境>

 気候変動で被害を受ける恐れがあるとして、温室効果ガスを排出している企業や政府を相手にした訴訟が国内外で相次いでいます。人々が司法の力で国策を変えようとする「気候変動訴訟」。その現場を訪ね、背景を探りました。

裁判の特徴は 気候変動による危険性が争点

 なるほドリ 日本ではどんな訴訟が起きているの?

 記者 2件あります。まず仙台市の住民124人が2017年9月、関西電力などが出資する市内の石炭火力…

この記事は有料記事です。

残り1675文字(全文1884文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 交番襲撃、拳銃所持の男を箕面市内で逮捕 強盗殺人未遂容疑
  2. 「奪われにくい新型ホルスター」行き渡らず…旧式を着用 交番襲撃
  3. 「私がやったことではない」容疑者は否認 拳銃強奪
  4. 所持金は10万円 拳銃に実弾1発発射の痕跡 拳銃強奪
  5. 事件の30分後、現場近くの住宅街で複数の住民「大きな破裂音聞いた」 拳銃強奪

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです