メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

日本の心不全患者数の推計

 治療中に安静にしていた影響で、運動能力が落ちる心臓病患者は多い。適度に心臓に負荷をかけ、回復を促す心臓リハビリテーションは社会復帰を早める上でも有効な手段だが、普及が進まないなど課題もある。

 ●基本は有酸素運動

 埼玉県毛呂山町の男性(63)は週1回、隣接する同県日高市にある埼玉医大国際医療センターに心臓リハビリを受けるため通っている。リハビリ中は理学療法士など専門職の付き添いのもと、約1時間かけて自転車型や足踏み式の機器を使った運動に取り組む。その間、心電図や血圧などを常に測定し、体への負担が大きくなりすぎないようチェックを受けている。

 男性は2010年、虚血性心筋症の発症がきっかけで、心筋梗塞(こうそく)を経て慢性心不全になった。手…

この記事は有料記事です。

残り992文字(全文1314文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 東芝子会社で架空取引 200億円規模 グループ外企業と循環取引か

  2. 本能寺の変4日後 明智光秀直筆の文書、初公開 19日、1日限定 滋賀・多賀

  3. ど迫力!金色の巨大ホワイトタイガー 埼玉・東武動物公園駅前 リアルわらアート

  4. 「たけちんの続編、見たかった」 京アニ放火殺人半年 「らき☆すた」監督の友人悼む

  5. 「ニセモン」? これってアリ? 中国版ポケモンGOを現地でプレーしてみた

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです