メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

くらしとつなぐ

最善願いつつ、最悪に備える=国立がん研究センター東病院 がん相談統括専門職 坂本はと恵

 「私が入院すると、認知症の母の世話をする人がいません。自分に万が一のことが起こっても大丈夫なように手配してからでないと入院できません」

 最近、このような相談が増えています。親の介護を担っていた息子さんが、がんの診断を受けるなど、親子や夫婦で病気を抱える状況になった途端、それまでの生活を維持することが難しくなるという問題に直面するケースは少なくありません。

 現在、65歳以上の高齢者世帯のうち、夫婦のみ世帯か単身の世帯が64・7%を占める一方、支え手となる…

この記事は有料記事です。

残り938文字(全文1167文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「丸山氏早く辞め病院へ」松井一郎大阪市長 「完全に一線越えている。社会人として失格」
  2. 丸山衆院議員 聴取欠席へ 「女を買いたい」週刊誌報道、戦争発言など 自民、弁明提案
  3. 丸山氏に続き長谷川氏、舌禍相次ぐ維新 その背景は?
  4. ファーウェイ排除、中国世論沸騰 習主席は「持久戦」呼びかけ
  5. 丸山穂高氏、自民弁明要求に「体調不良で欠席」連絡 「女」発言

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです