バレーボール

黒鷲旗全日本男女選抜大会 最終日 古豪復活のV 男子・サントリー、女子・東レ

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
決勝トーナメント3試合で98得点のムセルスキー(左奥)=木葉健二撮影
決勝トーナメント3試合で98得点のムセルスキー(左奥)=木葉健二撮影

 第68回黒鷲旗全日本男女選抜バレーボール大会(毎日新聞社、日本バレーボール協会主催)は最終日の6日、丸善インテックアリーナ大阪(大阪市中央体育館)で男女の決勝があり、男子はサントリーが3-1でパナソニックとの大阪勢対決を制し、4年ぶり8回目の優勝を決めた。女子は、東レ(滋賀)が3-0で初優勝を目指す日立(茨城)を退け、9年ぶり5回目の優勝を果たした。

この記事は有料記事です。

残り1262文字(全文1439文字)

ご登録から1カ月間は100円

※料金は税別です

あわせて読みたい

注目の特集