メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

プロ野球

中日6-0広島 大野雄、完封

 中日の投打がかみ合った。二回、高橋の適時二塁打で先制。三回は平田の三塁打を足場にビシエド、阿部、高橋の3連続適時長短打などで4点を挙げた。大野雄は内外角を有効に使う投球で2季ぶりの完封。広島は中軸に安打がなかった。

中軸を手玉、復活13K

 最後の打者を空振り三振に仕留めると、中日・大野雄は2季ぶりの完封をかみ締めるように笑顔を見せた。自己最多タイの13奪三振で、広島打線に三塁を踏ませなかった。

 秀逸だったのは、バティスタ、鈴木、長野と右打者が並ぶ、広島の中軸への配球だ。例えば六回2死。バティ…

この記事は有料記事です。

残り410文字(全文658文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 新型肺炎 中国人住民多い川口で注意喚起 飲食店に文書掲示

  2. MX番組担当者が自殺か 賞品ランボルギーニ未譲渡 「迷惑かけた」メモ

  3. 高齢女性が金づちで頭を殴られ搬送 男が逃走 大阪の路上

  4. 破産手続き開始の大沼が記者会見「お客様、関係者におわび」 全店舗で営業停止

  5. 仙台ドン・キホーテに爆破予告 一時営業休止、買い物客ら避難 不審物見つからず

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです