メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

月刊相撲

待ったなし 変えてはならぬもの=武藤久

 風薫る初夏。大相撲は焼き鳥、空豆、ビールを桟敷で楽しめる夏場所が最も風情がある、という好角家が多い。

 両国国技館からほど近い浅草では、夏場所開催中の17日から三社祭が開かれてにぎわう。一足早い開催の大相撲では、江戸時代に寺社奉行から開催の許可を得たことを知らせる名残の「御免札」が4月中旬に正面入り口近くに立てられた。「御免札」には開催日が記され、「令和」の新元号が相撲字で墨書された。

 場所の初日前日には両国かいわいを中心に呼び出しが心地よい風のなかを「触れ太鼓」を鳴らし初日の取組を…

この記事は有料記事です。

残り918文字(全文1162文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 都内で「年金返せ」デモ 報告書・麻生氏受け取り拒否など受け
  2. 交番襲撃 防犯カメラに映った男の画像を公開
  3. YOSHIKIさん謝罪 ジャッキー・チェンさんとの会食、ツイッターで公表後に 
  4. ORICON NEWS 堤真一、主演映画の観客の少なさに嘆き 事務所社長から報告「10人だったみたいで…」
  5. 内閣支持率40% 「年金だけでは2000万円不足」報告書の麻生氏対応「納得できない」68% 毎日新聞世論調査

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです