メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

雑記帳

兵庫県出身の新大関・貴景勝関が7日…

贈呈された化粧まわしを横に、児童や保護者らと座る貴景勝関(中央)=兵庫県西宮市の仁川学院小学校で2019年5月7日、川畑さおり撮影

 兵庫県出身の新大関・貴景勝関が7日、母校の仁川学院小学校(同県西宮市)を訪問、同窓生らでつくる「にがわ貴景勝後援会」(久義裕会長)から校名入りの化粧まわしを贈られた。

 昨年12月設立の同後援会が昇進を祝って企画。集まった同窓生や後輩ら約430人を前に、令和最初の夏場所に臨む貴景勝関は「身の引き締ま…

この記事は有料記事です。

残り110文字(全文260文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 信長、牛、中学生…「飛び出し坊や」相次いで盗まれる 発祥の地とされる滋賀

  2. 埼玉県南部などで震度3 津波の心配なし

  3. 菅官房長官、桜を見る会で反社勢力とツーショット? 「指摘は承知している」

  4. 支払い前に領収書? 宛名未記入?…ANAホテルの回答から浮かび上がる 首相説明の不自然さ

  5. 私だけの東京・2020に語り継ぐ 漫画家・清野とおるさん 「ダメでいい」赤羽の深さ

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです