トランプ大統領 空母化予定の海自護衛艦「かが」乗艦へ 

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
舞鶴市の海上自衛隊北吸岸壁に接岸するヘリコプター搭載護衛艦「かが」=京都府舞鶴市で2017年7月11日、鈴木健太郎撮影
舞鶴市の海上自衛隊北吸岸壁に接岸するヘリコプター搭載護衛艦「かが」=京都府舞鶴市で2017年7月11日、鈴木健太郎撮影

 日米両政府は、今月25~28日に訪日する米国のトランプ大統領が、安倍晋三首相とともに海上自衛隊のいずも型護衛艦「かが」に乗艦する方向で最終調整に入った。いずも型は改修して空母化する方針。政府が購入を検討している米国製のステルス戦闘機F35Bの発着が可能で、日米同盟の緊密さをアピールする狙いがある。

 トランプ氏の滞在中に、海上自衛隊の横須…

この記事は有料記事です。

残り184文字(全文354文字)

あわせて読みたい

注目の特集