メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

馬毛島地権者、政府に「買収交渉打ち切り」通告 米軍訓練候補地

馬毛島=鹿児島県西之表市で2018年12月15日、本社ヘリから青木実撮影

 政府が米空母艦載機の陸上離着陸訓練(FCLP)の移転候補地として買収交渉を進める馬毛(まげ)島(鹿児島県西之表市)について、島の大半を所有する「タストン・エアポート社」(東京都)は7日付で、防衛省に「交渉打ち切り」を伝える通告書を送った。防衛省関係者は「交渉を有利にするための揺さぶりではないか」と指摘。今春を想定していた正式契約の時期は見通せなくなった。

 防衛省と同社は1月、2018年度中の売買契約締結に向けた確認書を交わし、買収額約160億円で最終調整に入った。だが社内の対立で2月に社長が交代。新社長が慎重姿勢を示し、交渉は停滞していた。

この記事は有料記事です。

残り328文字(全文602文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ORICON NEWS 浜崎あゆみ、ドラマ『M』最終回で初コメント「最低で最高で、大嫌いで大好きでした」

  2. 都知事選、投票始まる 最多22人立候補、深夜に大勢判明

  3. ナガシマスパーランドでジャンボ海水プール営業開始 マスク姿で水しぶき 三重・桑名

  4. 静岡で工場火災 消防隊員3人、警察官1人と連絡とれず 煙充満、捜索難航

  5. 世界の感染、1日で過去最多21万人増 米、ブラジルで拡大 新型コロナ

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです