メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

欧州ニュースアラカルト

ISへ加わった息子の帰還を待つ母の願い

家族へのカウンセリングが行われていたコミュニティー施設=ベルギー北部アントワープで、八田浩輔撮影

 内戦の続くシリアで拠点を失った過激派組織「イスラム国」(IS)には、欧州から5000人近い若者たちが戦闘員として参加した。欧州の治安当局は祖国に戻る戦闘員を治安上の脅威とみなす一方、帰還を待ち望む家族もいる。長男がベルギーからシリアへ渡航して6年になるファティマ・エザルフニさん(45)は、「二重の罪」に苦しめられてきたと語る。

この記事は有料記事です。

残り2812文字(全文2977文字)

八田浩輔

ブリュッセル支局 2004年入社。京都支局、科学環境部、外信部などを経て16年春から現職。欧州連合(EU)を中心に欧州の政治や安全保障を担当している。エネルギー問題、生命科学と社会の関係も取材テーマで、これまでに科学ジャーナリスト賞、日本医学ジャーナリスト協会賞を受賞(ともに13年)。共著に「偽りの薬」(毎日新聞社)。Twitter:@kskhatta

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ウソだった…宮迫博之ら11人を謹慎処分「2万〜3万円のギャラの芸人も 最初から全てを話すべきだった」(スポニチ)
  2. 札幌ドーム、収益どうなる 日ハム移転後は年3億円の赤字か
  3. わいせつ動画投稿疑い 長崎県職員の22歳女を逮捕 京都府警
  4. 松本人志、闇営業の実態解明は“吉本に任せる”(スポニチ)
  5. ORICON NEWS EXIT、闇営業報道で余波?「お達しが出まして…」 『M-1』への熱い思いも告白

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです