メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ベネズエラ 野党議員の不逮捕特権剥奪 

ベネズエラのマドゥロ大統領=ロイター

 【サンパウロ山本太一】政治混乱が続く南米ベネズエラの国権最高機関、制憲議会は7日、野党国会議員7人の不逮捕特権を剥奪した。暫定大統領就任を宣言した野党指導者グアイド国会議長は4月30日、マドゥロ政権を支える軍に蜂起を呼びかけたが、失敗。独裁色を強めるマドゥロ政権が野党側への取り締まりを強化している。

 剥奪対象は、野党が多数を占める国会のラモス・アルップ元議長やエドガー・ザンブラノ副議長ら。最高裁は7日、マドゥロ派だけで構成される制憲議会に剥奪を要請し、反乱や陰謀などの容疑での捜査開始を検察に認めていた。最高裁は案件を特定していないが、蜂起に関した容疑とみられる。7人の中にグアイド氏は含まれていない。野党側は合法性のないマドゥロ政権側の判断は無効と主張している。

この記事は有料記事です。

残り184文字(全文519文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「新型コロナ影響で収入減る」漏らした妻への傷害容疑 夫逮捕、妻は死亡

  2. 現金給付の厳しい条件など「不満のオンパレード」自公に続出 早くも「更なる経済対策を」

  3. 慶応大病院で初期研修医18人集団感染 40人で飲食

  4. 保育園は休園?買い占めで食料不足?補償はいつ? 緊急事態宣言で市民に渦巻く不安

  5. 慎重だった首相、なぜ緊急事態を宣言せざるを得なくなったのか その「腐心」を読む

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです