メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

豊島が3連勝 名人位獲得にあと1勝 名人戦第3局

 岡山県倉敷市の市芸文館で7日から繰り広げられた第77期名人戦七番勝負第3局(毎日新聞社、朝日新聞社主催、大和証券グループ協賛、倉敷市、市文化振興財団地元主催)は8日午後9時27分、挑戦者の豊島将之王位(29)が佐藤天彦(あまひこ)名人(31)を136手で降した。開幕から3連勝となり、初挑戦での名人奪取にあと1勝と迫った。残り時間は佐藤1分、豊島1分。第4局は16、17の両日、福岡県飯塚市の麻生大浦荘で指される。

 終盤、形勢が二転三転する大熱戦を豊島が制した。

この記事は有料記事です。

残り431文字(全文663文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「スリムクラブ」真栄田さんと内間さんを無期限謹慎処分 吉本興業、暴力団関係者パーティー出席で
  2. 暴力団関係のパーティー出席 スリムクラブ「認識、甘かった」コメント全文
  3. どうぶつ 落ちたヒナを拾わないで
  4. ブラジル大統領G20随行員 コカイン39キロ所持で拘束
  5. 「闇営業」問題 吉本興業が宮迫博之さん、田村亮さんら11人を謹慎処分に

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです