メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

三重・鈴鹿殺人、被害者の妻が実行行為を否定 津地裁

 三重県鈴鹿市で昨年5月、解体作業員の横山麗輝(よしき)さん(当時25歳)を殺害したとして殺人と暴行の罪に問われた無職、上山真生被告(30)の裁判員裁判で、横山さんの妻で上山被告と当時交際していた富士子被告(46)=両罪で起訴=が8日、津地裁(田中伸一裁判長)の第2回公判に検察側証人として出廷した。「首を絞めたのは誰ですか」と問われた富士子被告は「上山真生です」と述べ、殺害の実行行為を否定し…

この記事は有料記事です。

残り296文字(全文493文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「桜を見る会」参加の山口県議ら、ブログ削除相次ぐ

  2. 「税金の私物化では」と批判あふれる「桜を見る会」 何が問題か 国会質疑で分かったこと

  3. 安倍政権で費用2倍「桜を見る会」は税金で何をしているのか

  4. コストコに車突っ込み貴金属盗まれる 北九州

  5. 「気持ち抑えきれず」TDLで中学男子生徒にキス、女性教諭を懲戒免職 千葉県教委

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです