メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

若者を五輪へ「2020円チケット」 組織委、スポーツ離れに危機感

空席の目立ったラグビー7人制女子の会場の観客席=リオデジャネイロのデオドロ競技場で2016年8月6日、三浦博之撮影

 来年7月に開幕が迫った東京五輪の国内向け一般チケットの抽選販売の申し込み受け付けが9日、始まる。今大会は価格にメリハリをつけ、子供ら向けに安いチケットを準備したのが特徴で、若者のスポーツ離れに歯止めをかける戦略として注目される。ただ競技の人気には偏りがあり、大会組織委員会の空席対策は難題だ。チケットの不正取引の防止も国を挙げての取り組みとなる。【村上正、松本晃】

 組織委は五輪チケット約780万枚のうち、約半数を8000円以下に抑えた。中でも目玉は若者らをターゲットにした2種類の「2020円チケット」だ。

この記事は有料記事です。

残り911文字(全文1166文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 菅首相は「地方に優しくない」 潜む新自由主義と翼賛の危機 「左遷」された元官僚が伝えたいこと

  2. 分かれても「民主党」 立憲、国民、衆院比例代表で同じ略称 票は「案分」へ

  3. 台風12号発生 今後の情報に注意呼びかけ 気象庁

  4. チームの浮沈で学んだ「一喜一憂しても仕方ない」 ヤマハの窮地救った31歳 都市対抗東海2次

  5. 神戸市立小学校でクラスターか 児童と教員ら計27人が感染 25日まで臨時休校

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです