メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

人気なのに五輪で空席…スポンサー分「チケットだぶつき」対策強化

東京五輪の開閉会式と主な競技の決勝チケットの価格帯

 東京五輪の国内向け一般チケットの抽選販売の申し込み受け付けが9日、始まる。開催地ごとに競技熱や人気にばらつきがあり、過去の五輪で空席は課題となってきた。閑散とした客席がテレビなどを通じて世界中で映し出されると、「五輪不人気」と受け取られかねないため、国際オリンピック委員会(IOC)も神経をとがらせる。大会組織委員会は「これからの販売状況を見ながら、どう手を打っていくか考えていく」と動向を注視している。

 組織委は競技の人気も価格設定に反映したが、それでも空席が出ることを想定して対策の検討を始めている。競技会場のある自治体や、事前キャンプや文化交流を通じて海外代表チームの「ホストタウン」に登録されている自治体などに、チケット利用を促すことなどを協議している。

この記事は有料記事です。

残り478文字(全文810文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ホンダ熊本が8強入り決める JR東日本は打線が沈黙 都市対抗

  2. 「菅語」を考える 論理的でない受け答え「首相の器ではない」 上西充子法政大教授

  3. 競馬ジャパンカップ アーモンドアイが有終の美 引退レースで最強証明

  4. 乱交パーティー数十回主催 福岡県警職員を懲戒免職、売春防止法違反で起訴

  5. #排除する政治~学術会議問題を考える 新しい形態の学問弾圧「菅首相は歴史に名前が刻まれる」 木本忠昭・日本科学史学会会長

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです