メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

HOTプロ野球

日本ハム・吉田輝星、新スライダーで9イニング連続無失点 荒木2軍監督は「あまりペラペラしゃべるな」

ロッテ戦に先発し、五回途中まで無失点と好投した日本ハムの吉田輝星=2019年5月8日午後、さいたま市南区のロッテ浦和球場で田内隆弘撮影

 日本ハムのドラフト1位・吉田輝星が8日、イースタン・リーグのロッテ戦(浦和)に先発登板し、自己最長となる4回3分の0を4安打無失点と上々の投球を見せた。

 この日はプロ入り後自己最速となる149キロの直球に加え、要所でスライダーを交えて新境地を開いた。「これまでは曲げたいという意識が強かった」というが、先月末の登板以後、ボールの握る位置をずらし、ストレートのように投げる新たなスライダーを練習してきた。

 直球と同じような軌道で、打者の手元で小さく曲がる。「あまり曲がっていない」と自身は不安を感じていたが、実戦で試すと「思っていた以上に打者が嫌そうな反応をした。『いい球が投げられているな』と感じたので、引き続き練習したい」と手応えを口にした。

 これで9イニング連続無失点。ファンは早期の1軍デビューを期待したくなるが、当人はあわてない。「直球では抑えられているけれど、直球以外でカウントを取ったり、総合力をつけないと1軍は難しい。徐々に上げていきたい」

 荒木大輔・2軍監督も同じ考えだ。「総合力よりも(昨夏の)甲子園で投げた直球を取り戻すことが先。(当時の直球に)近づいてきてはいるけれど、もっと打者を圧倒できるはず」。そして、記者からスライダーの件を聞かされると、苦笑いしてもう一つ課題を挙げた。「あまりペラペラしゃべるなと言っておかないと」。厳しいプロの世界で生き抜くためには、秘密を守る堅い口も必要なのだ。【田内隆弘】

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ORICON NEWS NGT48加藤美南、不適切な投稿を謝罪「しっかりと反省」 研究生に降格処分も発表
  2. ことば 寝屋川中1男女殺害事件
  3. 元NGT山口さん放送に「チャンネル変えて」 投稿の加藤美南さん降格、全メンバーSNS停止
  4. 東京・新橋で5台絡む事故 子ども乗せた観光バスも
  5. 英・離脱党党首にシェーク 警察販売自粛要請

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです