メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

<SUNDAY LIBRARY>

武田 砂鉄・評『みんなの「わがまま」入門』富永京子・著

◆『みんなの「わがまま」入門』富永京子・著(左右社/税別1750円)

 「そんなことして意味あんの?」と聞かれると、「キミは意味のあることしかしないのか?」と苛立(いらだ)つ。ウンチをしたくなったのでウンチをする。意味のあることだ。ウンチをしたいと思ったけど、出なかった。便器に座ってふんばった行為に意味はなくなるけれど、そこで考えたことに助けられる日が来るかもしれない。

 日々の積み重ねなんてこんなことばかりだ。どこかへ向かう、誰かに話しかける。嫌われたり、褒められたりする。意見を表明するのが怖いとか、中立じゃないことは言うべきじゃないなんて言う人たちがいるが、その言い分がもう、意見の表明であり、その意見はもう、中立ではない。

この記事は有料記事です。

残り594文字(全文909文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 一斉休校は「科学より政治」の悪い例 クルーズ船対応の失敗を告発した岩田教授に聞く

  2. 岩手県立病院の女性臨時職員がマスク無断で持ち出しフリマアプリで転売 二戸

  3. 麻生財務相 休校中の学童保育負担「つまんないこと聞く」 新型肺炎対策

  4. トイレットペーパーに続きティッシュまで買い占め 業界、デマに冷静な対応呼びかけ

  5. 拝啓 ベルリンより 私を「コロナ」と呼んだ青年に言いたかったこと

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです