メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

チェック

眼瞼けいれん、見えぬ苦しみ 開かぬまぶた、障害者手帳認められず

黒いゴーグルを着け、白杖を使って歩く立川くるみさん=埼玉県内で3月

眼瞼(がんけん)けいれん

 自分の意思とは無関係にまぶたが閉じてしまい目が見えないのに、視覚障害と認めてもらえない--。神経の異常でまぶたの開閉が自由にできなくなる「眼瞼(がんけん)けいれん」の重症患者が、障害者手帳や障害年金を受けられず生活に困難を来しているとして、国に制度の見直しを訴えている。

「福祉制度の谷間に」

 目を閉じたうえで溶接工用の黒いゴーグルを着け、手には白杖(はくじょう)。黒い遮光の日傘を差すことも多い。それが埼玉県在住の立川くるみさん(43)の外出スタイルだ。

 目に異常を感じたのは2009年のこと。疲れ目のような症状で目を開けるのがつらくなり、眼科を受診した…

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ORICON NEWS NGT48加藤美南、不適切な投稿を謝罪「しっかりと反省」 研究生に降格処分も発表
  2. ことば 寝屋川中1男女殺害事件
  3. 元NGT山口さん放送に「チャンネル変えて」 投稿の加藤美南さん降格、全メンバーSNS停止
  4. 東京・新橋で5台絡む事故 子ども乗せた観光バスも
  5. 英・離脱党党首にシェーク 警察販売自粛要請

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです