メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

  • 政治プレミア
  • 経済プレミア
  • 医療プレミア
  • トクトクプレミア
ロンドン漱石記念館

我が輩の博物館復活である 郊外で再開館 資料1万点以上

移転し、再オープンした「ロンドン漱石記念館」の展示室と恒松郁生さん=ロンドン郊外サリー州で2019年5月8日、服部正法撮影

 【ロンドン服部正法】夏目漱石(1867~1916年)に関する古今東西の文献や漱石のロンドン滞在(1900~02年)の足跡を示す資料を集めた「ロンドン漱石記念館」が8日、ロンドン郊外サリー州で開館した。漱石関連の資料収集・研究で著名な恒松郁生さん(67)が以前ロンドン市内で運営していた記念館を自宅で3年ぶりに再開した。

 74年に渡英した恒松さんは、旅行会社経営などの傍ら、自身がその魅力にとりつかれた漱石の滞英生活を独…

この記事は有料記事です。

残り351文字(全文561文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 香港のブルース・リー宅取り壊し ファン、保存訴えるもかなわず

  2. やじ相手に3歳長男を投げつけ容疑 阪神ファン書類送検

  3. セブン-イレブン、オーナーが「9月から日曜定休」通告 本部と協議も物別れ

  4. 韓国の見切りに日本「まさか」「困るのは…」 GSOMIA破棄

  5. GSOMIA破棄の裏に内政問題影響か 「想定外」にいらだつ日本政府

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです