メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

Topics

「安達峰一郎に学ぶ」 国際人、業績の意義問う 生誕150周年、東京で来月シンポ

第9回国際連盟総会(1928年)の日本代表として主要国代表と会談する安達峰一郎・駐仏大使(中央)=安達峰一郎記念財団提供

 二つの世界大戦に挟まれた時代に国際連盟(本部スイス・ジュネーブ)を舞台に活躍し、常設国際司法裁判所(PCIJ)所長を務めた外交官、国際法学者の安達峰一郎(1869~1934年)。生誕150周年にあたり、第二次大戦の敗戦により忘れ去られてきた数々の業績を掘り起こし、その現代的意義を解明するシンポジウム「よみがえる安達峰一郎 世界が称賛した国際人に学ぶ」(公益財団法人・安達峰一郎記念財団主催)が6月15日午後1時半から東京・四ツ谷のスクワール麹町で開催される。

この記事は有料記事です。

残り876文字(全文1107文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 俳優の梅宮辰夫さん死去 81歳 「仁義なき戦い」

  2. 75歳以上の医療費負担 2割に引き上げ 政府検討

  3. 日韓 日韓 感情的な連鎖断ち切る「蒸し返し」はダメ

  4. 中村哲さん合同葬「父から学んだことは、思いを大切にすること…」 長男健さんコメント全文

  5. 「桜を見る会」で首相擁護 お膝元の下関市長に全国から批判続々

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです