メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

寄席

「渋谷に福来たるSPECIAL」 彦いち、より磨きかけ=評・濱田元子

林家彦いち=横井洋司撮影

 ぬくもりと、笑いと、ちょっぴりの切なさと。林家彦いちが、より磨かれた自伝的落語「長島の満月」で満場のホールを揺さぶった。

 東京・渋谷で3日間にわたり開かれた毎日新聞落語会「渋谷に福来たるSPECIAL」の最終日、「30周年記念落語会的な」。彦いちが林家木久蔵(現木久扇)に入門したのは1989(平成元)年。長い噺(はなし)家(か)人生からすれば30年は「たかが」だろうが、平成と共に刻んできたのはやはり感慨深い。

 幕開き、サプライズゲストの立川談春、三遊亭白鳥、柳家喬太郎、桃月庵白酒、三遊亭兼好と当代の人気者が並んだ「口上」に場内がどよめく。それも彦いちの人徳だろう。

この記事は有料記事です。

残り610文字(全文896文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「うがい薬発言で現場混乱」 大阪府歯科保険医協会が吉村知事に抗議

  2. 新型コロナ 京都の保育士ら、新たに27人感染 府内903人に /京都

  3. 首相会見「官邸職員が記者の腕つかむ」朝日新聞社が抗議 官邸側は否定

  4. ハートマークの数で分類 感染者出たススキノ店舗名 札幌市の内部資料が流出

  5. 大阪・吉村知事のうがい薬使用呼びかけに苦情殺到 府に1日で450件

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです