メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

握飯世界一決定戦

南魚沼産コシヒカリで 9チームが味競う 国際大・市共催 /新潟

「握飯世界一」になったラオスチーム

 南魚沼産コシヒカリを使い、趣向を凝らしたおにぎりを作る「握飯世界一決定戦」が、南魚沼市国際町の国際大で開かれた。市と大学が共催。全9チームが参加、ミャンマーやアメリカの学生で作った6チームと日本人で作った3チームが味を競い合った。

 この日に向け各チームともアイデアを出し合い、周りからアドバイスを受けながら試行錯誤を続け、試食を行った。完成したおにぎりはマトンとタマネギ、キャベツ、ニンジンなどの野菜を炒めて作ったもの。さまざまな種類の香辛料を使ったもの。刻んだ漬物をご飯にまぜたおにぎりなどがそろった。

 まず、林茂男南魚沼市長ら9人が審査を行った。その後に来場者が実際に食べ、最もおいしかったものに投票…

この記事は有料記事です。

残り396文字(全文699文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 首相ヤジに「#共産党は私だ」「#共産党は仲間だ」投稿広がる

  2. 3分でわかる政治の基礎知識 「27億円」秋篠宮さまが公費支出に疑問 大嘗祭の秘儀と費用

  3. 私道封鎖され団地が孤島状態に 所有者が通行料要求、住民拒否で強硬策

  4. 「桜を見る会」名簿 廃棄は国会の追及直前だった 内閣府は「例年と同じ」

  5. 「桜を見る会」前夜祭は5000円で足りたのか 相場の半額…首相側の負担は?

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです