メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

コスタ社

クルーズ船社長、舞鶴市長を訪問 /京都

京都府舞鶴市を初訪問したマリオ・ザネッティ社長=同市役所で、行方一男撮影

 クルーズ客船「コスタ・ネオロマンチカ」で日本海周遊クルーズを運航しているコスタグループアジアのマリオ・ザネッティ社長が8日、舞鶴市を初めて訪問。市役所で多々見良三市長と面談した。訪問したのは、ザネッティ社長のほかコスタ社日本支社のメンバーら。乗客の満足度を向上させ、寄港地との関係を築き協力体制を協議するため訪れた。

 面談では、多々見市長が舞鶴港の交通アクセスの利便性などをアピール。「関西地域は人口2000万人。オランダ1国と同程度の経済規模を有する大都市圏で、舞鶴市とは京都まで1時間、大阪、神戸まで1時間半でつながり、高速道路網が発達しています」と説明。コスタ社との協力体制を求めた。

この記事は有料記事です。

残り120文字(全文416文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 練習に遅刻…阪神・藤浪が2軍に降格 矢野監督「残念で信頼失う」

  2. こんな時どうするQ&A 次亜塩素酸を噴霧すると除菌できるの? 効果は確認されていません

  3. 国内感染、新たに74人確認で計1万7504人 死者は6人増の計903人

  4. 韓国で検察vs与党に発展か 元慰安婦支援団体の前理事長、横領疑惑を否定 

  5. 西村担当相「ポスト安倍」に浮上 コロナ対応の「顔」に「しゃべりたがり」批判も

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです