メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

合同訓練

「海猿」舞鶴で 8管、2巡視船・潜水士11人参加 ロープ渡りや潜水捜索 /京都

 第8管区海上保安本部は8日、映画「海猿」で話題になった海難救助のスペシャリスト「潜水士」による合同訓練を舞鶴市の舞鶴港西港第三ふ頭で実施した。訓練は本格的なマリンレジャーシーズンに備え、海難事故発生時の迅速な救助と技術向上を目的に取り組んだ。【行方一男】

 訓練には境海上保安部(鳥取県)の巡視船「おき」と敦賀海上保安部(福井県)の巡視船「えちぜん」が参加。両巡視船所属の潜水士11人が要救助船への移乗訓練や…

この記事は有料記事です。

残り308文字(全文512文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 新型肺炎、荏原病院院長「万全期し対応 ご安心ください」 帰国の4人受け入れ

  2. 新型肺炎 国内で新たに2人感染確認 奈良在住男性は武漢渡航歴なし、人から人への感染か

  3. 新型肺炎、中国の感染者がSARS上回る5974人 世界で6000人超に

  4. 京都市長選 現職支持団体が「共産党『NO』」広告 著名人の顔写真、許可なく掲載も

  5. 新型肺炎 ウイルス培養に成功、ワクチン早期開発の可能性も 豪研究所

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです