メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

  • 政治プレミア
  • 経済プレミア
  • 医療プレミア
  • トクトクプレミア
緑を訪ねて

/7止 熊本・阿蘇の牧野 ガイドツアーで草原保全支援 /熊本

阿蘇外輪山の標高約800メートルにある牧野で楽しむマウンテンバイクツアー=熊本県阿蘇市で2019年4月22日午後3時10分、杉山恵一撮影

 熊本・阿蘇地域の牧野(ぼくや)(草原)は古来、牛や馬の放牧や野焼きなどで保たれてきたが、近年の畜産業不振から畜産農家の廃業が相次ぎ維持が難しくなっている。熊本県の調査では2016年は2万1797ヘクタールで、11年から189ヘクタール減少した。

 一方、1980年代以降、レジャーのアウトドア指向が高まりマウンテンバイク(MTB)、山歩きの愛好者が無断で牧野に入り野草を踏んだり、採取したりする行為が相次いだ。

 困難な牧野保全をレジャーからの収入で支援するというのが、阿蘇市のNPO法人「ASO田園空間博物館」…

この記事は有料記事です。

残り385文字(全文640文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. やじ相手に3歳長男を投げつけ容疑 阪神ファン書類送検

  2. 韓国の見切りに日本「まさか」「困るのは…」 GSOMIA破棄

  3. ことば 軍事情報包括保護協定(GSOMIA)

  4. 「反日は一部」「少し感情的」日韓市民、一層の関係悪化を懸念 GSOMIA破棄に

  5. 米政府、異例の「失望」声明 韓国GSOMIA破棄に改善促す

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです