映画「くちづけ」

障害者への性暴力、実態知って 上映とトークセッション、鹿児島市で12日 /鹿児島

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷

 障害者への性暴力の実態を知り、必要な法制度を考えてもらおうと、知的障害者のグループホームを舞台にした映画「くちづけ」(堤幸彦監督)上映会と識者によるトークセッションが12日午後1時半から、鹿児島市のかごしま県民交流センター大ホールで開かれる。入場無料。

 性暴力根絶を目指すNPO法人「しあわせなみだ」(東京)が主催。内閣府が昨…

この記事は有料記事です。

残り247文字(全文411文字)

あわせて読みたい

ニュース特集