トヨタ

3月期、売上高30兆円超 日本企業初 中国販売が好調

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷

 トヨタ自動車が8日発表した2019年3月期連結決算(米国会計基準)は、売上高が前期比2・9%増の30兆2256億円と過去最高を更新した。売上高が30兆円台に乗るのは国内企業では初めてで、世界の自動車メーカーでも最大規模となる。世界最大の中国市場での販売が好調だった。一方、最終(当期)利益は保有株式の下落などが響き、24・5%減の1兆8828億円と2年ぶりの減益になった。【田口雅士、小坂剛志】(6面に検証)

 19年3月期の世界販売台数は、ダイハツ工業や日野自動車を含むグループ全体で前期比16万2000台増の1060万3000台となり、過去最高を更新した。本業のもうけを示す営業利益は2・8%増の2兆4675億円で2年連続の増益。原価の低減などが貢献した。地域別では中国を含むアジアが249億円、欧州が440億円の増益だった。

この記事は有料記事です。

残り411文字(全文776文字)

あわせて読みたい

注目の特集