メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

イラン

核合意の履行、一部停止 米離脱に報復

 【ウィーン三木幸治、カイロ篠田航一】イランのロウハニ大統領は8日、米国が核合意を離脱したことへの報復措置として核合意の履行を一部停止すると宣言した。核合意を結んだ英仏独露中に対しては、60日以内にイランの原油、金融部門への支援を実施しない場合核兵器の原料となり得る高濃縮ウランの生産を再開すると警告。核合意の「見返り」を改めて強く求めた。

 ロウハニ師は8日の演説で「(5カ国によるイラン経済への)鎮痛薬が効いていない。核合意には手術が必要…

この記事は有料記事です。

残り434文字(全文654文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 記者も身を寄せた避難所 「体育館で雑魚寝」でいいのか

  2. ラグビーW杯 日本、4強入りならず 南アに3-26

  3. 水浸し、満員、夜の冷え込み…気詰まり避難所 想定外? 準備不足?

  4. 車のトランクに男性閉じ込め、監禁容疑で少年ら7人逮捕 男性は死亡 滋賀県警

  5. 「僅差で可決」覆した緊急動議 残留への潮目変わるか 英EU離脱審議

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです