メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

焦点

イラン「反米強硬」伸長 核合意一部停止表明

イランのロウハニ大統領=イランの首都テヘランで8日、AP

 イランのロウハニ大統領が8日、主要6カ国(米英仏独露中)と2015年に結んだ核合意の履行を一部停止する考えを表明し、中東情勢の不安定化への懸念が高まった。トランプ米政権による合意離脱への対抗措置だが、背景にはイラン国内で高まる「反米強硬派」の勢いを穏健派のロウハニ大統領が既に抑制できなくなっている事情があるとみられる。

 米国による経済制裁が厳しさを増す中、国際協調路線を掲げてきたロウハニ政権は難しいかじ取りを迫られて…

この記事は有料記事です。

残り1993文字(全文2204文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. わいせつ動画投稿疑い 長崎県職員の22歳女を逮捕 京都府警
  2. 博多駅前に倒れている女性、搬送先病院で死亡確認 マンションから転落か
  3. 「闇営業」問題 吉本興業が宮迫博之さん、田村亮さんら11人を謹慎処分に
  4. 実刑確定の元被告、刃物持ち車で逃走 名古屋方面へ逃げたか 神奈川・愛川
  5. 吉本はコンプライアンス順守で瀬戸際に 「闇営業」金銭授受で11人謹慎処分

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです