メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

木語

「神のお告げ」で出馬=坂東賢治

 <moku-go>

 10世紀に中国福建省に実在した人物とされる、道教の海の女神、媽祖(まそ)を祭る信仰は中国華南地方から日本や東南アジアにも広がる。海の安全を守る霊験あらたかな神と信じられてきたのだろう。とりわけ信仰が盛んなのが福建省にルーツを持つ人が多い台湾だ。

 媽祖の誕生日とされる旧暦3月23日(今年は4月27日)前後には各地の媽祖廟(びょう)に多くの人がお参りに訪れる。祭事ムードの中、媽祖廟に参り、「媽祖のお告げ」を理由に来年1月の総統選出馬を表明したのが、鴻海(ホンハイ)精密工業会長の郭台銘(かくたいめい)氏(68)だ。

 スマートフォンなど電子機器の生産を請け負い、中国に巨大な工場を作って米国などに輸出するビジネスモデ…

この記事は有料記事です。

残り712文字(全文1030文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 郡山市の浸水地域や周辺で空き巣相次ぐ 貴重品放置しないで

  2. ジョーカー 主演ホアキン・フェニックスが語る壮絶減量の裏側 監督に怒りをぶちまけたことも…

  3. 武蔵小杉タワマン停電 全面復旧見えず

  4. ニュージーランド3大会連続の準決勝進出 アイルランドに圧勝

  5. 「こんなこと想像も」停電、断水のタワマン疲れ果て 武蔵小杉ルポ

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです