メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

激動の世界を読む

東南アジア二つの選挙 国を揺るがす格差拡大=熊本県立大理事長・白石隆

タイで戴冠式が69年ぶりに行われ、ワチラロンコン国王が王宮のバルコニーから市民らに姿を見せた。王室の権威と国民の権利とのバランスも今後の政治課題になる=バンコクで6日、AP

 この3月、タイで総選挙(下院・定数500)が実施された=1。2014年のクーデター以来はじめてである。また、4月にはインドネシアで5年に1回の大統領選挙、国会議員選挙などがあった。結果の正式発表はまだである。しかし、およその結果はわかっている。

エリート層優位維持を狙うタイ

 タイの総選挙では、プラユット暫定首相を支持する「国民国家の力党」が116、「タイの誇り党」が52、アピシット元首相の率いる民主党が52、タクシン派の「タイ貢献党」が137、40歳の若手政治家が率いる「新未来党」が80、その他63、となりそうである。選挙制度は小選挙区比例代表併用制であるが、比例区の議席配分方法は特定政党が議会多数派を占めることのないよう、工夫されている。

 現行憲法では首相指名は両院合同会議で行われることになっている。上院議員(定数250)は14年に国権…

この記事は有料記事です。

残り2573文字(全文2947文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. TBS、やらせあった「消えた天才」「クレイジージャーニー」放送終了

  2. 名阪国道、奈良知事が異例の有料化要望 トラック流入で事故や渋滞多発

  3. 死因は脳挫滅 滋賀のトランク閉じ込め男性死亡 監禁容疑で少年ら7人逮捕

  4. 250万円提示に住民「ゼロが足りない」 油被害で鉄工所が説明会 佐賀

  5. 記者も身を寄せた避難所 「体育館で雑魚寝」でいいのか

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです