メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

発言

イスラム過激派対策の要諦は=高岡豊・公益財団法人中東調査会主席研究員

 今年3月、米国政府はシリアにおける過激派組織「イスラム国」(IS)の占拠地が解消したことを宣言した。しかし、「イスラム国」は壊滅したのか、同派は依然として脅威なのか、という論争は続いている。気になるのは、この論争において「イスラム国」や類似の団体・現象を二度と流行させないためには何をすべきかという問題にほとんど触れられていないことだ。

 筆者は、「イスラム国」の衰亡は決定的であり、再び政治的・社会的影響力を回復することはないだろうと考…

この記事は有料記事です。

残り1040文字(全文1259文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. わいせつ動画投稿疑い 長崎県職員の22歳女を逮捕 京都府警
  2. 「イージス引き受けないのは非国民との批判、県内外から」秋田の佐竹知事が明らかに
  3. 博多駅前に倒れている女性、搬送先病院で死亡確認 マンションから転落か
  4. 「出演見合わせ」「場面カット」などテレビ各局、対応に追われる 吉本所属芸人11人ら処分受けて
  5. 実刑確定の元被告、刃物持ち車で逃走 名古屋方面へ逃げたか 神奈川・愛川

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです