メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

発言

イスラム過激派対策の要諦は=高岡豊・公益財団法人中東調査会主席研究員

 今年3月、米国政府はシリアにおける過激派組織「イスラム国」(IS)の占拠地が解消したことを宣言した。しかし、「イスラム国」は壊滅したのか、同派は依然として脅威なのか、という論争は続いている。気になるのは、この論争において「イスラム国」や類似の団体・現象を二度と流行させないためには何をすべきかという問題にほとんど触れられていないことだ。

 筆者は、「イスラム国」の衰亡は決定的であり、再び政治的・社会的影響力を回復することはないだろうと考…

この記事は有料記事です。

残り1040文字(全文1259文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ど迫力!金色の巨大ホワイトタイガー 埼玉・東武動物公園駅前 リアルわらアート

  2. 本能寺の変4日後 明智光秀直筆の文書、初公開 19日、1日限定 滋賀・多賀

  3. 「ニセモン」? これってアリ? 中国版ポケモンGOを現地でプレーしてみた

  4. ORICON NEWS 『ドラえもん』1巻、21世紀で最大の単月実売数 55.5万部「0巻」効果で新たなブーム

  5. 総額数億円?選手1人の不正だけで、なぜ高額配当連発 競艇八百長事件の仕組みを探る

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです