メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ベネズエラ

議会、7人不逮捕特権剥奪 野党蜂起追及か

 【サンパウロ山本太一】政治混乱が続く南米ベネズエラの国権最高機関、制憲議会は7日、野党国会議員7人の不逮捕特権を剥奪した。暫定大統領就任を宣言した野党指導者グアイド国会議長は4月30日、マドゥロ政権を支える軍に蜂起を呼びかけたが、失敗。独裁色を強めるマドゥロ政権が野党側への取り締まりを強化している。

 剥奪対象は、野党が多数を占める国会のラモス・アルップ元議長やエドガー・ザンブラノ副議長ら。最高裁は7日、マドゥロ派だけで構成される制憲議会に剥奪を要請し、反乱や陰謀などの容疑での捜査開始を検察に認めていた。最高裁は案件を特定していないが、蜂起に関した容疑とみられる。7人の中にグアイド氏は含まれていない。野党側は合法性のないマドゥロ政権側の判断は無効と主張している。

この記事は有料記事です。

残り184文字(全文519文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 首相、緊急事態宣言を発令 7都府県対象、5月6日まで

  2. 感染者全国5番目、死者は東京に次ぐ2番目 なのになぜ愛知は「宣言」対象外?

  3. 8日以降臨時休業の店も 先行きに不安の声広がる 緊急事態宣言対象の福岡県

  4. 首相「感染者1カ月後8万人超えも」 接触機会7~8割減で「2週間後減少に」

  5. 無症状、軽症者ホテル受け入れ「原則反対」 旅行会社、ホテルの労組

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです