メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

焦点

国連IPCC総会、京都で開幕 最新科学で排出ガス算定 温暖化対策、効果「見える化」

開幕したIPCC総会であいさつする李会晟議長=京都市左京区の国立京都国際会館で2019年5月8日午前10時5分、川平愛撮影

 地球温暖化対策を進めるため、世界中の科学者が参加する国連の「気候変動に関する政府間パネル(IPCC)」の第49回総会が8日、開幕した。主要な議題は、温室効果ガス排出量の算出方法を示した指針の13年ぶりの見直しで、日本の温室効果ガス観測技術衛星の活用も盛り込まれる見込み。指針は13日に公表され、来年始まる温暖化対策の国際的な枠組み「パリ協定」の下、各国の排出削減策の効果を検証するのに欠かせないものとなる。

 総会は京都市で始まった。日本での総会開催は2014年の横浜市以来5年ぶり2回目で、世界の科学者や政…

この記事は有料記事です。

残り2187文字(全文2441文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 台風19号 「公邸待機」の安倍首相批判を問う

  2. 気象庁、台風19号を命名へ 42年ぶり

  3. 北海道警ヤジ排除「法的根拠なく違法逮捕」元道警方面本部長・原田氏 発生3カ月 

  4. ORICON NEWS 令和初の高校サッカー応援歌は史上初づくし デビュー前の現役高1生・三阪咲を抜てき

  5. 「こんなこと想像も」停電、断水のタワマン疲れ果て 武蔵小杉ルポ

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです