メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

幻の科学技術立国

第4部 世界の潮流/6 女性への「ノー」乗り越え IT就業促すスウェーデン

WITの檀上で議論する女性技術者や研究者たち=ストックホルムで2019年3月8日、荒木涼子撮影

 <科学の森>

やりたいこと 意志貫く

 ●経験共有する場

 「やりたいことをやり抜くためには、何度ノーと言われても意志を貫く必要があった」。ストックホルムで3月に開かれた、IT(情報技術)と女性をテーマにしたイベント「Women in Tech(WIT)」。冒頭で講演した米航空宇宙局(NASA)の一部門で副責任者を務めるサンドラ・カウフマンさん(56)は、約1000人の女性起業家や女性研究者を前に半生を振り返った。

 カウフマンさんは中米コスタリカ出身。電気工学を学ぼうと大学に入学したところ、教員から「女性には適さ…

この記事は有料記事です。

残り2177文字(全文2434文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 運転の60代女「意識なくなった」 東京・町田で児童ら5人はねられけが
  2. 金融庁「老後最大3000万円必要」独自試算 WGに4月提示
  3. 育休明けに倉庫勤務「不当な配転」 アシックス男性社員訴え
  4. 関西テレビ「ヘイト」放送 民族・女性差別発言編集せず
  5. 「年金を受け取っているか」の質問に麻生氏「正確な記憶がない」 衆院財務金融委

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです