メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

幻の科学技術立国

第4部 世界の潮流/6 女性への「ノー」乗り越え IT就業促すスウェーデン

WITの檀上で議論する女性技術者や研究者たち=ストックホルムで2019年3月8日、荒木涼子撮影

 <科学の森>

やりたいこと 意志貫く

 ●経験共有する場

 「やりたいことをやり抜くためには、何度ノーと言われても意志を貫く必要があった」。ストックホルムで3月に開かれた、IT(情報技術)と女性をテーマにしたイベント「Women in Tech(WIT)」。冒頭で講演した米航空宇宙局(NASA)の一部門で副責任者を務めるサンドラ・カウフマンさん(56)は、約1000人の女性起業家や女性研究者を前に半生を振り返った。

 カウフマンさんは中米コスタリカ出身。電気工学を学ぼうと大学に入学したところ、教員から「女性には適さない」と言われて断念した。3年後、「やはり自分のやりたいことをやりたい」と、別の大学に移籍し電気工学と物理学を学んだ。母親が背中を押し続けてくれたことが心の支えだったという。「夢に到達するのにかかる時間は関係ない。回り道を恐れないで」と締めくくった。

この記事は有料記事です。

残り2052文字(全文2434文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 爆笑問題の田中裕二さん、くも膜下出血・脳梗塞で救急搬送され入院

  2. 紅白、星野源さんら5組は生でなく事前収録 NHK「演出上の都合」

  3. 二階氏「ケチつけるな」に見え隠れする「権力集中の弊害」

  4. 際立つ大阪のコロナ死 その理由、高齢者の「命のリスク」高める構図とは

  5. 鼻出しマスク受験「眼鏡が曇るから」 釈放男性、トイレにこもった訳は

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです