メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

科学の森

職場の多様性、追求を 「ネイチャー」初の女性編集長、マグダレーナ・スキッパーさん

=大場あい撮影

 日本の科学技術力の衰退や中国の躍進、女性研究者の現状などについて、英科学誌「ネイチャー」で初の女性編集長に就いたマグダレーナ・スキッパーさん(50)に聞いた。【聞き手・大場あい、須田桃子】

 --近年、日本の科学技術の衰退が指摘されています。要因は何でしょうか。

 日本の研究者の話や統計データなどから考えると、研究や研究者への支援が不十分だ。第一は資金面。特に応用研究には大変な費用がかかるが、公的資金だけでは国際競争力のある研究を進められないと考えている研究者は多い。

 もう一つは環境面だ。仕事として安定して研究が続けられる環境がなければ、世界で勝負できる成果を生み出…

この記事は有料記事です。

残り962文字(全文1247文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「救急車もう限界」 適正利用呼びかけ 「酒飲んで運転できない」で通報も 福岡・飯塚地区消防本部

  2. 「嫌韓」あおるテレビよ、これでいいのか クレーム来ないからやりたい放題?

  3. ORICON NEWS “エヴァ芸人”桜 稲垣早希、妊娠を報告「食べつわりでした」

  4. 宮城学院女子大、女性自認の学生入学可能に 私立で初

  5. ラグビーW杯、なぜ「旭日旗」騒動ないの?五輪では日韓対立

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです