メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

批判避ける政府、自民党内にも不満 北朝鮮また2発

 政府は北朝鮮の飛翔体の発射後、ただちに関係省庁による局長級協議を開くなど、対応に追われた。安倍晋三首相が無条件での日朝首脳会談実現に意欲を示す中、飛翔体の種類や北朝鮮の意図などの分析を進めている。

 岩屋毅防衛相は協議後、防衛省で記者団に「日本の領域や排他的経済水域(EEZ)への弾道ミサイルの飛来は確認されていない」と指摘。飛翔体の種類については「分析中で断定的なことは言えない」と述べるにとどめた。

 政府は日朝の対話を探っており、4日の飛翔体発射の際と同じく、北朝鮮への批判は抑える構え。ただ、飛翔体が国連安全保障理事会決議に違反する弾道ミサイルの場合は、国際社会の批判も強まり、首相が目指す日朝対話の実現に影を落としかねない。政府関係者は「弾道ミサイルではないだろう」と事態の収拾を図ったが、北朝鮮の相次ぐ飛翔体発射に神経をとがらせている。

この記事は有料記事です。

残り198文字(全文571文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 海からイノシシ、窒息死させて返り討ち 長崎の50代男性に警察官もビックリ

  2. 東京・葛飾の火災死亡、身元は中江滋樹さん 投資ジャーナル元会長 警視庁特定

  3. 世界最高齢117歳・福岡の田中さんが聖火ランナーに 車いすで参加か

  4. 「死ぬ気がせん」116歳田中カ子さんにケーキ 敬老の日を前に 最高齢ギネス認定

  5. 難病を紹介する動画 人気声優が拡散に一役

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです