「おもちゃのハローマック」復活 期間限定、6月の見本市で

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
1985年から2008年までチヨダが運営していた「おもちゃのハローマック」。白とピンクのぎざぎざ屋根が特徴的だった。写真は千葉県流山市にあった店舗で、現在は同社運営の「東京靴流通センター」となっている=チヨダ提供
1985年から2008年までチヨダが運営していた「おもちゃのハローマック」。白とピンクのぎざぎざ屋根が特徴的だった。写真は千葉県流山市にあった店舗で、現在は同社運営の「東京靴流通センター」となっている=チヨダ提供

 「東京靴流通センター」などを運営しているチヨダ(東京都杉並区)は9日、同社がかつて玩具チェーン店として全国展開した「おもちゃのハローマック」を、東京ビッグサイト(東京都江東区)で6月13~16日に開かれる玩具の見本市「東京おもちゃショー」で、期間限定で「復活」させると発表した。

2008年に撤退したが……

 「ハローマック」はチヨダが1985~2008年に全国展開し、90年代の最盛期は500店以上あった。「メルヘンなお城をイメージした」(同社営業本部)という白とピンクのギザギザの屋根など特徴的な店舗でも知られたが、「トイザらす」「アマゾン」といった海外企業の日本進出や少子化の影響を受けて低迷。08年7月に同社は玩具事業から撤退し、「ハローマック」は無くなった。

この記事は有料記事です。

残り528文字(全文861文字)

あわせて読みたい

ニュース特集