特集

関西経済

関西の経済、企業情報のページです。経済の話題を分かりやすく伝え、キーパーソンのインタビューや識者コラムもお届けします。

特集一覧

LookWESTけいざい

eスポーツ、異業種企業からの参入続々 高校授業で「実技」プロ育成も活発化

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
サッカーゲーム「ウイニングイレブン」の腕前を競うeスポーツイベント=大阪市淀川区のホテルプラザオーサカで2019年3月29日午後7時12分、加藤美穂子撮影
サッカーゲーム「ウイニングイレブン」の腕前を競うeスポーツイベント=大阪市淀川区のホテルプラザオーサカで2019年3月29日午後7時12分、加藤美穂子撮影

 プレーヤー同士が公開の舞台で対戦し、コンピューターゲームの腕を競う競技「eスポーツ」に注目が集まっている。欧米や韓国の若年層から火が付き、国内でもスポーツ競技として認知されつつある。eスポーツを巡る企業の取り組みや、プロのゲーマー育成の現場を追った。【加藤美穂子】

将来はワールドカップのようなイベントを

 「ナイスゴール!」。大画面モニターに映し出されたサッカー選手がシュートを決めると、観客から大きな歓声が上がった。3月末の夜、ホテルプラザオーサカ(大阪市淀川区)が開いたコナミデジタルエンタテインメントのサッカーゲーム「ウイニングイレブン(ウイイレ)」を使ったeスポーツイベントだ。本物のスタジアムのような盛り上がりをみせたが、観客が食い入るように見つめる大画面の選手らはCG(コンピューターグラフィックス)だ。実在する世界の強豪チームを選んで戦う国内外でも人気のゲームで、eスポーツの「種目」として引き合いが強い。

 eスポーツ振興を目指すプラザオーサカは、外国人宿泊客の獲得にもつなげようとイベントを初開催した。ウイイレの「プロ」として公式ライセンスを持つ「GENKIモリタ」(本名・森田康平)さん(28)や韓国の選手らも参加し、熱戦を繰り広げた。同社の菅原真太郎取締役(31)は「外国人宿泊客にもプレーヤーとして参加してもらい、将来はワールドカップのようなイベントを開きたい」と夢を語った。

この記事は有料記事です。

残り1574文字(全文2173文字)

あわせて読みたい

注目の特集