メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

テロ拡散防げ ソーシャルメディアの悪用対策 パリで国際会議開催へ

ニュージーランド(NZ)のモスクで起きた銃乱射事件の現場に花を供える女の子=NZ南部クライストチャーチで3月17日、AP

 【パリ賀有勇】スリランカ連続爆破事件やニュージーランド(NZ)銃乱射事件など世界各地のテロでソーシャルメディアが過激思想の誇示や拡散に悪用されていることを受け、フランス・パリで15日、対策を協議する国際会議が開かれる。各国首脳・関係者のほか、米フェイスブック(FB)などIT企業の代表者らが参加する予定で、国際的に政府と企業が連携し、サイバー空間の管理・規制を検討する機運が高まっている。ただ、表現の自由やプライバシーの侵害につながるとの懸念も根強く、ルール作りは容易ではない。

 「ソーシャルメディアがテロ行為と憎しみを拡散する役目を二度と果たさぬようリーダーシップを発揮してほ…

この記事は有料記事です。

残り1588文字(全文1878文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 金融庁「老後最大3000万円必要」独自試算 WGに4月提示
  2. ピエール瀧被告に判決 懲役1年6月、執行猶予3年 麻薬取締法違反で
  3. 鮮明な写真公開 タンカー攻撃で 米政府 「イラン関与」を改めて主張
  4. 同級生に一方的恨みか 交友でトラブル 名前使って110番 拳銃強奪
  5. 日の出待ち、府警40人が山に 急転直下の逮捕劇 拳銃強奪

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです