メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

「いつも数字ぴったり」 なぜ入札情報漏れた? 西宮市官製談合事件

西宮市職員2人が担当した工事のうち、大喜建設が落札した8件の工事(2014年以降)の入札

 兵庫県西宮市職員2人が関与したとされる官製談合事件は17日に初公判が開かれる。1月に発覚する以前から、業界内では「いつもぴったり数字を当てていた」と入札情報の漏えいを疑う声が上がっていた。幹部社員が逮捕された大喜建設(西宮市)は、下回れば失格となる最低制限価格のギリギリで応札。同価格と落札額との差が200円というケースもあった。それでも利益は出るのだろうか。なぜ入札情報は漏れ得たのか。背景を探った。【黒詰拓也】

 官製談合防止法違反などの罪で起訴されたのは市下水建設課副主査の広瀬大輔(35)、市道路建設課副主査…

この記事は有料記事です。

残り1254文字(全文1512文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 大阪・吹田の拳銃強奪 飯森容疑者の父が関西テレビ常務を退任
  2. 意識不明の巡査 手術で快方に向かう 拳銃強奪
  3. この世界の片隅に NHKで8月3日に地上波初放送 特番「#あちこちのすずさん」も
  4. 井岡、日本選手初の4階級制覇 WBOスーパーフライ級王者に
  5. これが本当なら「現代の特高」…前川元次官が語る告発ノベル「官邸ポリス」のリアル

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです