無許可納骨堂、15年500柱 横浜市が宗教法人を行政指導

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
納骨堂・本堂があった場所
納骨堂・本堂があった場所

 約15年間、無許可で納骨スペースを販売し約500柱を納骨したとして、横浜市は仏教系宗教法人(同市戸塚区)を墓地埋葬法に基づき行政指導した。法人は無許可の事実を個別に利用者に周知せず、違法状態を防ぐため、無断で約37キロ離れた許可済みの別の納骨施設に遺骨を移していた。法人は運営していた寺院の本堂を解体しており、専門家は「尊厳が必要なお墓の管理がビジネス化していないだろうか」と懸念している。

 問題の納骨堂(同市神奈川区)は6階建てビルの4、5階部分にある。JRの駅にも近い国道15号沿いの東京湾岸部にあり、墓石488基と納骨壇70基は当初から許可を得ていた。しかし、市によると昨年10月、納骨堂内のロッカー型の位牌(いはい)壇について「位牌だけでなく、許可が必要な遺骨約500柱も預かっていた」と法人から連絡があり、市は翌月、許可を取るよう行政指導。法人は申請し、4月19日に許可を得た。

この記事は有料記事です。

残り982文字(全文1377文字)

ご登録から1カ月間は100円

※料金は税別です

あわせて読みたい

注目の特集