メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

超電導技術生かして「電動航空機」や「空飛ぶ車」 九州大が研究開発を本格化

二酸化炭素の排出抑制が期待される電動航空機のイメージ図=宇宙航空研究開発機構(JAXA)提供

 九州大が、世界最高水準を誇る超電導技術を生かして、次世代の飛行機として注目される電動航空機や「空飛ぶ車」の研究開発を本格化させている。4月に拠点となる「先進電気推進飛行体研究センター」を伊都キャンパス(福岡市西区)に開所、10年後には試験機を大空に飛び立たせる計画だ。

 地球温暖化が進む中で世界の航空需要は増えており、二酸化炭素(CO2)の排出量の削減は急務。国連の「国際民間航空機関」(ICAO)は、CO2排出量を2050年までに05年比で半減させることを決議している。ただ、九大によると、航空機のジェットエンジンは既に高効率化されており、さらなる効率化の余地は少ないという。

 そこで注目を集めるのが電動化だ。化石燃料を燃やす従来のジェットエンジンに代わり、電動モーターでファ…

この記事は有料記事です。

残り537文字(全文877文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 100歳、歩行者はねる 「気がついたら歩道に」 新潟

  2. HIV感染告げなかったことを理由に内定取り消し 社会福祉法人に賠償命令 札幌地裁

  3. 高齢者事故「娘の死は殺人」 発生3年、母が制度改正訴え活動

  4. 池袋暴走 元高級官僚だから? 「なぜ運転手が逮捕されないのか」疑問の声噴出

  5. 池袋暴走、ドラレコに音声 87歳男性「あー、どうしたんだろう」同乗の妻の問いに

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです