銀の車体に緑の帯、伸び~る鼻……次世代新幹線公開 JR東日本

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷

 車体は青みがかった銀色に緑色の帯、屋根は紺色――。営業運転としては世界最速の時速360キロを目指す次世代新幹線の試験車両「ALFA―X(アルファエックス)」が9日、宮城県利府町のJR東日本新幹線総合車両センターで報道陣に公開された。10日から東北新幹線仙台―新青森間で試験走行を始め、同車両としては最高速度の時速400キロに挑む。

 ALFA―Xは10両編成で、総工費は約100億円。最高速度が時速320キロの現在の「はやぶさ」などE5系先頭車両の「鼻」は15メートルだが、試験車両はより長い16メートルと22メートルの2種類が造られた。トンネルに突入する際にどちらが騒音などを抑えるか検証するためで、2031年の北海道新幹線札幌延伸を見据え、東京―札幌間をより静かに走り、時間も短縮する。

この記事は有料記事です。

残り199文字(全文544文字)

あわせて読みたい

ニュース特集